スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国水彩画展《「ユニオン・ジャック」が目印です。》

 7月14日(土)に開幕した企画展「マンチェスター大学 ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展」は3連休の効果もあり、開幕直後から多くのお客様にご観覧いただいています。

 今回の企画展のサブタイトルは「水彩のやさしさに出会う夏」というように、7月17日の梅雨明けと同時にギラギラと輝く太陽、グングンと上がる気温とは逆に美術館内では涼しげな水彩画に出会えます。
 間もなく、ロンドンオリンピックが開幕することから街の至る所で「ユニオン・ジャック」を目にしますが、グラントワに於いても企画展に合わせ、英国国旗(ユニオン・ジャック)を設えています。

DSC015702.jpg

DSC015782.jpg

 施設の入口の国旗掲揚塔には英国国旗も掲揚していますで、遠方よりご来館の方はこの旗を目印にお越しください。
※強風・大雨の日は掲揚していない場合もありますので、予めご了承願います。

(K・Y)
スポンサーサイト

巨匠たちの英国水彩画展《コラボ企画》

企画展「英国水彩画展」がいよいよスタートです!

今回の企画展にちなんで、提携店とコラボレーションが出来たらいいなぁ・・・という事で、先日提携店を訪問してきました。

企画展の期間中、イギリスの食べ物を提供してもらえないかと交渉していたら、益田駅前の「カフェ&セレクトショップAZ」さんが早速、目の前でミートパイを作ってくれました!

ミートパイ

まだ試作品でしたが、とても美味しくて感激しました。

美術館でイギリスの風景を旅した後は、提携店でイギリスの食を旅してみるのもいいですね♪

英国水彩画展《作業二日目》

7月14日(土)開幕の企画展「巨匠たちの英国水彩画展」の展示作業が今日も着々と進んでいます。

2日目の作業は、昨日点検した作品を壁にかけていく作業です。

この作業は業者さんにお願いします。
kaketeru.jpg

suiheibann.jpg
水平器という道具を使って作品を平行にします。

160点ある作品が壁にかけられていくと圧巻ですね。

作品がかけ終わったら、照明の作業です。

作業はまだまだ続きます。

英国水彩画展《開幕まであと少し!》

7月14日(土)開幕の企画展「巨匠たちの英国水彩画展」の展示作業が昨日(7月10日)からはじまりました。
作業の様子を少しお届けします。

初日の作業は、数百点ある作品をひとつひとつ点検します。

作品を出す所
作品を箱から出している様子
点検風景
点検の様子

作品は出してすぐに展示するのではなく、こうして一つづつチェックをしていきます。
点数が多いのでこの作業は一日かけて行われます。

チェックが終われば、次は作品を壁にかけていきます。

その作業風景もまた次回お届けしたいと思いますのでお楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。