スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦楽アウトリーチモデル事業②全体研修会

 今年度グラントワ(いわみ芸術劇場)が取り組んでいる「邦楽アウトリーチモデル事業。」(*)4月にこのブログで記者発表の模様をお伝えしてから約4ヶ月が経ちました。その間、実施校や実施日など諸々調整を進め、正式に実施校と実施日、演奏家などが決定しました。今年度は島根県内3地域、雲南市・津和野町・益田市の全9校で実施されます。
 そして昨日8月25日(火)、この事業を一緒に進めていく全ての演奏家とコーディネーターの皆さん、実施校の先生方、実施地域のホール担当者の皆さん、実施市町の教育委員会の皆さん、そして地域創造といわみ芸術劇場のスタッフが一堂に会し、「全体研修会」が行われました。

 その研修会が始まる前に、今回の事業を統括する(財)地域創造の小暮純也事務局長と児玉真チーフコーディネーター、演奏家代表の3名、そしていわみ芸術劇場館長の山篤典が益田市長を表敬訪問しました。全国初の事業がこの益田市で展開されるということで、益田市長もとても名誉なことと喜んでおられました。
hyoukei.jpg

→ 続きを読む

スポンサーサイト

祝・「黒田清輝展」1万人突破!

21日(金)、島根県立石見美術館で開催中の「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」では、記念すべき1万人目のお客様をお迎えしました。

1万人目のお客様は、米子市からいらっしゃった前田朋子さん。
前田さんには、美術館のパスポートなど記念品や花束が贈られました。

1million.jpg

セレモニー続きのグラントワ。
黒田清輝展は今月末まで開催しています。

ただいま涼しさプレゼント中!

(K.Y)

東京での石見③

黒田清輝展にちなみ、東京都内各所を歩いてみました。

東京での黒田ゆかりの地 010
黒田清輝が東京に出てきて住んだのが、千代田区平河町。最高裁判所や国立劇場のある隼町と大型ホテルが建つ紀尾井町にはさまれたここには、いま都道府県会館が建っています。なお都道府県会館11階には、島根県東京事務所があります。

→ 続きを読む

祝・150万人達成!

14日(金)、「グラントワ150万人達成セレモニー」を行いました。

15million.jpg

150万人目の来館者は、益田市出身で広島県廿日市市在住の御神本さん・フサエさんご夫婦。お盆で帰省され、開催中の黒田清輝展を見るためにご来館されたそうです。


帰省時には毎回グラントワに立ち寄られるとのこと。
故郷の思い出の一つとなりましたら幸いです。
またのご来館をお待ちしています!

(K.Y)


大好評、バックステージツアー!

劇場のバックステージツアーでは、客席の裏側を観ていただきました。
写真は大ホール客席の床下になります。

bkstage.jpg

大きな建物に、様々な設備が工夫して収納されているのがお分かりいただたでしょうか。
「これは、何!」というものがたくさんありましたか?

舞台は、客席から見ると広いようですが、内部を見てみれば「割とせまいな~」と感じられたかもしれませんね。劇場を身近に感じていただく機会となりましたら嬉しいです。

(S.H)

*同様のバックステージツアーを今月29日(土)、30日(日)にも予定しています。

http://www.grandtoit.jp/theater/2009/08/15/backstage/index.html

研修生の皆さん、こんにちは。

地域の小中高校の学校教員の方々や、浜田の県立大学の学生さんが、地域を知るという目的でグラントワを選ばれ、職場研修に来られました。

shokuken.jpg

総合カウンターでの受付・チケット販売、美術館の案内や展示監視、劇場の舞台設備操作など、さまざまな業務を体験し、研修をされました。グラントワの全体を知ることができ、違う見方ができるようになったとの感想でした。

二学期になると、近隣の中高校生が職場体験に来られます。グラントワでは美術館や劇場の観客としての利用だけでなく、ボランティア活動者との施設の協働運営、益田まつりや七尾まつりなどの地域の行事との連携、バックステージツアーなど施設の特徴の紹介など、さまざまなかたちで多くの方々にご利用いただく機会をご提供していきたいと考えています。

(W.T)

島根県公認コミュニティサイト[リメンバーしまね]って?

島根県公認コミュニティサイト[リメンバーしまね]をご存知ですか?

「日本で最も認知度が低いことで日本一有名な島根の応援団サイト」とのこと。
う~ん、なんだか自虐的!?でも、だからこそ(!?)、情報満載の充実したコンテンツとなっています。

島根県公認コミュニティサイト[リメンバーしまね]
"_blank" title="http://www.re-member.jp/?PHPSESSID=
f50ef03308917ca93f02b5640fe468da">
http://www.re-member.jp/?PHPSESSID=f50ef03308917ca93f02b5640fe468da


このなかの、「島根の縁の下から」というスタッフブログに、今回溝口知事が「黒田清輝展」について記事を投稿されています。
"http://www.re-member.jp/?m=blogview&p=
2618&PHPSESSID=
f50ef03308917ca93f02b5640fe468da">http://www.re-member.jp/?m=
blogview&p=2618&PHPSESSID=f50ef03308917ca93f02b5640fe468da


照子夫人の肖像について、ご紹介いただいています。
展示室では照子夫人の写真も見ることができますが、たしかに思わず眼を引くような美しい人ですから、絵にしたくなるのも当然だったのかもしれませんね。

ご紹介いただきありがとうございました!

(K.Y)


黒田清輝展-番組情報②

お盆も近づき、遠くから、なつかしの故郷・石見に帰省される方も多いことでしょうね。

さて、現在好評をいただいている黒田清輝展について、島根県の溝口知事が次の日時に、FM山陰の番組の中で紹介されるそうです。

■番組:「お元気ですか 溝口善兵衛です」
■日時:8月14日(金)夕方6時15分より~

溝口善兵衛氏はここ益田市出身。大蔵省財務官時代は、米経済誌が「ミスター・ドル」と命名したというエピソードもあり、全国的に(世界的に!?)ご存知の方も多いことと思います。

今回の黒田展については、知事にも早くから随分ご期待いただいており、以前、知事室に飾ってあるポスターの写真を送っていただいたこともありました。

14日のラジオ番組では、どのようなお話をされるのか、今からとても楽しみにしています。


(K.Y)



ようこそ、カノラ少年少女合唱団の皆さん!

8日(土)、明日の公演を控えて、長野県岡谷市からカノラ少年少女合唱団の皆さんが到着されました。

写真は、大ホールホワイエで行った歓迎昼食会の様子。
shokuji(090808).jpg

→ 続きを読む

日帰りバスツアー・レポート

現在開催中の「黒田清輝展」に広島からバスツアーがご来館。

今回の特色は良くある、通り一遍の企画ではなく、主催旅行社とグラントワとの共同企画ということで斬新な内容となりました。また私も車中で解説をしながら同行しましたので、今回はそのレポートをご紹介します。

①広島での中国自動車道。上りは大渋滞でしたが、下りはスイスイ。
005.jpg

→ 続きを読む

子ども記者、急増中!

たのしいたのしい夏休み!

昨日のことです。小さなメモ用紙とえんぴつを持った女の子が二人、事務所の前でもじもじしています。
声を掛けましたら、夏休みの宿題にグラントワのモニュメントについて取材させて欲しいとのこと-子ども記者のご来館でした!

「どうぞどうぞ」と手招きして講義室へ-。
「モニュメントは何キロあるんですか?」「えっ??」思いもかけぬ質問に、びっくりするやら感心するやら-(モニュメントはなんと約50トンあります!)。

今日も子ども記者お二人がご来館。どんなやり取りがあったのかしら。夏休みの宿題に、お役に立てましたか?

キッズレポーターの皆さん、どうぞ遠慮なくガンガン質問してくださいね!
ご来館を楽しみに待ってますよ!

(K・Y)

浴衣でどうぞ。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番!
まだ空模様は「・・・?」という感じですが、きっとそのうちツクツクホウシがにぎやかな夏本番到来!、となるのでしょうね。

皆さまご存知のとおり、現在好評開催中の黒田清輝展は浴衣を着てご来館されると「無料で」ご観覧いただくことができます。つい先日も、浴衣姿も艶やかなカップルが一組、浴衣でご来館されました。

とってもステキなのでパチリ!

yukata.gif

どうぞ美術館で・浴衣で、涼しい夏をお過ごしくださいね!

(K.Y)

満員御礼!!

7月18日から開催の「黒田清輝展」お陰様で大好評開催中です!!

黒田清輝展企画として、ひろでん中国新聞旅行では、「名画で涼もう!黒田清輝展」と美人湯・匹見峡温泉日帰りツアーを企画していただき、なんと・・・超人気のため、8日(土)の日帰りツアーは満席となりました。22日(土)と23日(日)若干空きがありますが、お早めにご予約ください。
http://www.chupea-club.jp/chupea/ArticleDetail.action?articleId=458

ツアー内容は、黒田清輝展担当学芸員による解説付き、昼食は、「田吾作」で日本海の幸を使ったお刺身定食、午後からは、萬福寺(雪舟庭園)にて「中世の食を体験」最後は、美人湯の匹見峡温泉「やすらぎの湯」でゆっくり温泉で癒されると豪華な内容となっております。目玉として、当館いわみ芸術劇場館長が、広島から車中に同行し、アート・トークを行います。大変ご満足いただける内容となっております。

プレゼントとして、グラントワオリジナルの瓦箸置きと黒田清輝≪湖畔≫のポストカード付き!!

この夏は、グラントワで名画を涼みにお越しください。
涼しさプレゼント中です。

(S・H)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。