スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「島根県無形文化財 益田糸操り人形保持者会」 第25回山陰信販地域文化賞受賞!

先日、益田糸操り人形保持者会(岡崎文宏会長)が山陰両県の地域文化の向上に貢献した団体・個人を顕彰する「第25回山陰信販地域文化賞」を受賞しました!

DSC05317.jpg
(左:横田副会長、右:岡崎会長)

今回の受賞では、明治期の形態をとどめた唯一の糸操り人形芝居を継承していること、後継者育成の取り組みなどが評価されました。

益田糸操り人形は明治時代にこの地に伝わりました。現在もその当時の形態のまま上演されており、また使用している人形も当時のもので県指定の有形民俗文化財に指定されています。人形の大きさ、操法等その独自性など国内でも珍しい演舞は、昭和38年に島根県無形文化財に指定され、平成25年で指定50周年を迎えます。

昨年の11月には、香川県綾歌郡綾川町にて「綾川町文化協会文化事業」としての公演を行い、今年10月20日、21日には徳島県で開催された第27回国民文化祭「全国人形芝居フェスティバル」でも全国から集まった関係者の注目を集めました。

DSC05284_20121227150742.jpg

1月13日(日)「益田糸操り人形 グラントワ公演」が行われます。入場は無料で13:30開演です。
新年の幕明けにふさわしく、「寿三番叟」や「山本一流獅子の一曲」など、縁起の良い演目を披露しますので、100年以上前の形態をとどめる益田糸操り人形の演舞をご堪能ください。

また、終演後は実際に人形を操ることができる体験コーナーもございます。ぜひこの機会に益田の伝統芸能に触れてみてください。

(O.J)
スポンサーサイト

アテンダント日記【花形のメッセージカード♪】

今年もいよいよ残りわずかとなりました。
グラントワへお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

さて、石見美術館では12月22日に企画展が開幕しました!
「国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパの近代美術」です。

こちらは、近代西洋美術界のアイドル的存在の
ピカソ・モネ・ルノワール・ロダン・ムンクなど誰もが1度は
聞いた事のある画家の作品を80点展示しています。
絵画のほか、彫刻・版画など大変見ごたえのある展覧会ですよ!

画家達の名前を聞いただけで、なんだかワクワクしませんか?

今回、チラシやポスターに使用されている
ルノワールの「ばらをつけた女」にちなみまして、
アテンダントは、バラのコサージュを着用しています。

ブローチ制服

いつもの制服が華やかになって、気分もバラ色に・・♪
チケットなどお買い求めの際には、制服にも注目です!

企画展のお楽しみといえば・・・
先着プレゼントですよね?
今回は、花形のメッセージカードを先着20名様にプレゼントします!

メッセージカード

日頃の感謝を込めてあの人へ・・・
大切な思いを伝えたいあの人へ・・・
このメッセージカードで思いを届けませんか?
人気ですので、欲しいという方はお早めにお越しくださいね♪

グラントワは12月28日から休館日となっております。
新年は1月2日から開館いたします。

皆様のお越しを職員一同、お待ちしております。

企画展「ヨーロッパの近代美術」もうすぐ開幕!

12月22日(土)に開幕する企画展「国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパの近代美術」の展示作業が、12月18日(火)より始まりました。

作業の様子を少しだけ皆さんにお届けしたいと思います。

箱いっぱい
箱がいっぱいですね。
この箱の中には、作品が厳重に梱包されています。

箱の中身
開けるとこんな感じになります。
作品を出して点検します。

点検の様子
当館主任学芸員の河野さん(左)と国立西洋美術館研究員の新藤さん(右)
作品の点検をしている様子。

まだはじまったばかりですが、着々と会場が出来上がっていきます。

本展では、国立西洋美術館所蔵の中で特に充実した分野であるフランスの近代絵画を中心に、絵画、彫刻、版画の計80点が展示されます。
また、モネやルノワール、ピカソ、ムンク、ロダンといった名だたる芸術家たちの多彩な作品も一堂に見ることができるということで、今から12月22日の開幕まで楽しみですね。

いつでもどこでも音楽祭「Soaveクリスマスコンサート with吉田小学校合唱部」

9日、ソプラノ南波美穂・ピアノ渡邉直子によるデュオグループSoave(ソアーヴェ)と、ゲストに吉田小学校合唱部をお迎えして、いつでもどこでも音楽祭「Soaveクリスマスコンサート with吉田小学校合唱部」が行われました。

朝からぐっと冷え込みあいにくの雪模様でしたが、小さなお子さんからご年配の方まで100人を越えるお客様が!

会場の美術館ロビーにはクリスマスツリーも設え、いつもの表情から一気にクリスマス気分です。

今回の『いつどこ』はソロあり、デュエットあり、合唱ありの盛りだくさん♪

可愛らしい子どもたちの合唱に笑みがこぼれ優しい気持ちになった後は、南波さんのソロで、迫力のある高音に思わず息を呑み見入ってしまいました。

そして、南波さんと吉田小学校の三好先生が賛美歌「主の祈り」を披露!
小学校時代からのお付き合いということで、とても息の合った演奏でした。

最後は、南波さんのしっとりとした歌声と子どもたちの澄んだ歌声のハーモニーに会場が酔いしれました。

DSC05054.jpg

DSC05038.jpg


当日、会場にはハート型の東日本大震災義援金募金箱が置いてあり、南波さんの呼びかけで4,840円の募金が集まりました。

後日、南波さん自ら日本赤十字社へ届けてくださいました。
IMG_20121213_1.jpg

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

(O.J)


アテンダント日記 【グラントワteaガーデン「福茶」のご案内】

今年も残すところあとわずかとなりました。一年が経つのは、あっという間ですね。
来年の話になりますが、グラントワはお正月2日から開館します。そこで美術館ロビーにて
お正月にちなんだ「福茶」をご用意します。初詣の後にグラントワで、ピカソ、ルノアール、モネなど
西洋美術の絵画を堪能して、ロビーで一服いかがですか?
年の初めにはご家族、お友達とぜひお越し下さい。
アテンダント一同お待ちしております。

日時 平成25年1月2日(水)11時から
会場 美術館ロビー
先着 100名様 無料 申込不要
※ただし展覧会観覧券またはミュージアムパスポートが必要です

「道~白磁の人~」サイン入りポスター

毎月一回、映画を上映しているグラントワシアター。
12月の映画は「道~白磁の人~」です。
この作品は、日本統治時代の朝鮮半島で植林事業や民芸を研究し、民族間で争いあう中でも信念を貫いて生きた実在の青年・浅川巧の半生を描いたドラマです。(詳しくは→こちら

大ホール入口に「道~白磁の人~」の特大サイズのポスターが貼ってあります。

michi.jpg

このポスター、よく見ると沢山のサインが・・・。(この写真だとわかりづらいですが)
実はグラントワのためにと主演の吉沢悠さんや高橋監督など、多くの出演者の方がサインを書いてくださいました!
今回グラントワでこの作品を上映することを監督や出演者の方々が大変喜んでくださり、快くサインをしてくださいました。
12月22日(土)グラントワシアター上映前日まで貼ってあります。(当日は小ホールホワイエに貼ります)

michi_2.jpg

小ホール入口には吉沢悠さんのサイン入りポスターも貼ってありますよ。

ぜひ一度、この直筆サイン入りポスターをチェックしてくださいね。
そして「道~白磁の人~」もぜひご覧下さい。

USPチェンバーオーケストラ アウトリーチ公演

12月7日(金)USPチェンバーオーケストラのメンバーが2グループに分かれ、益田市立吉田南小学校と益田市立小野中学校でアウトリーチ公演を行いました。
今回は小野中学校の様子をお伝えします。


USPチェンバーオーケストラのみなさんが到着し、控え室に入って早速チューニングです。
舞台では正装のみなさんがここではラフな装いで、これもアウトリーチならではの面白さですね。
20121207_1.jpg


会場となる多目的教室(音楽室)に、生徒のみなさんが続々と集まってきました。
みなさんきちんと挨拶してくれてとても清々しい気持ちになり、気分も高まります。


はじめに、岩本校長先生が
「USPチェンバーオーケストラがグラントワで演奏会を開くということで、2ヵ月前からチケットを用意して心待ちにしています。このアウトリーチ公演を機に韓国との交流が深まると嬉しいです。」と、挨拶。
20121207_4.jpg


いよいよUSPチェンバーオーケストラのメンバー10人による演奏会がスタートです。
モーツァルトやサウンドオブミュージックなど計5曲を演奏。1度は耳にしたことがある曲の生演奏に生徒のみなさんも真剣でした。
20121207_5.jpg


その後は通訳の方がスライドを使って、韓国と日本の文化の違いをクイズ形式で紹介してくれました。
正解者には韓国のお菓子をプレゼント!みなさん必死です。
20121207_6.jpg


韓国文化を学んだ後は質疑応答。生徒さんが韓国語で質問する場面もあり、楽器の手入れや韓国のクリスマス、流行っている歌など生徒のみなさんも興味津々でした。
20121207_8.jpg


終わりに生徒会長より
「こんなに近くで生演奏が聞けて感動しました。本番も頑張ってください。ありがとうございました」と挨拶をして、全校生徒みんなでお礼をして今回のアウトリーチ公演は終了しました。
20121207_10.jpg


演奏後生徒のみなさんの顔がキラキラしていたのがとても印象的でした。
生徒さんに話を聞いてみると
「初めて見る楽器の生演奏に興奮しました」「生でオーケストラの演奏が聞けて楽しかったです」と、みなさんとても満足された様子で、USPチェンバーオーケストラのメンバーが帰ろうと外に出ると、走って見送りにくる生徒さんも。
20121207_11.jpg


素敵な演奏を披露してくださったUSPチェンバーオーケストラのみなさん、開催にあたりアウトリーチ公演を受け入れてくださった小野中学校のみなさんありがとうございました。


今回はじめて島根県立大学と連携してアウトリーチ公演を行い、益田市の小中学校と演奏家との交流が深まり、また大学とグラントワのつながりも強まったとても意味のある公演になりました。

その夜のUSPチェンバーオーケストラグラントワ演奏会は約600名のお客様をお迎えして、ホールならではの豊かな響きに包まれたステージでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。