スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロ ボ ッ ト ワ ー ク ショッ プ ヲ カ イ サ イ シ マ シ タ !

2016年3月19日(土)にグラントワ大ホールでオペラシアターこんにゃく座「ロはロボットのロ」が開催されます。
この事業は益田市で44年間活動を続ける益田おやこ劇場さんとグラントワが一緒になって開催するものです。
12月19日(土)には益田おやこ劇場会員の子どもたちの発案で「ロボット作りワークショップ」(※益田おやこ劇場さん的には「ロボット委員会」という名称)が福祉センターで開催されました。
このワークショップには益田市内で活動をされている「劇団くちぶえ」さんも参加されました。

ロ2

お父さん・お母さん・お祖父さん・お祖母さんと楽しそうに、そして創造力を働かせて作るロボット。
凄いと思ったことは、事務局の方が一通りの説明をした後は、放任して全てを子ども達に任せてしまうこと。
はさみやカッターを使う時も全くお構いなし。

ロ1

ある子どもが糸をはさみで切ろうとするのですが、中々切れない。でも最後には何とか切って次の作業に進むというこの小さな達成感の積み重ねが成長の糧になるのでしょうか!
子育てをひと段落した私(あ~誰かに怒られそう・・・)の目にはとても新鮮に映りました。
「今、日本の教育に欠けているものを見た」ような!

益田おやこ劇場さんは3月19日(土)の本番に向けて、今後も様々なワークショップを開催されるそうです。
「事業ってこの過程が大切なんだ」ということを今回のワークショップで学ばせていただき、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。
ちなみに今回作ったロボットは本番当日に、大ホールホワイエに展示する予定です。 (K・Y)


★おとなもこどももあたたかい気持ちになれる「ロはロボットのロ」
 公演情報は→ ≪コチラ≫

ロ3

スポンサーサイト

出雲Jr.フィル、共演ステージの練習を行いました!

2016年、グラントワの初春を飾るコンサート
「出雲Jr.フィルニューイヤーコンサート グラントワ特別公演」

出雲芸術アカデミー音楽院本科合唱コース、オーケストラコースで学ぶ子ども達を中心に構成される「出雲Jr.フィル」の初めての遠征公演が、来春1月11日(月・祝)グラントワで行われます。

コンサートでは、2015年にグラントワと出雲芸術アカデミー音楽院がともに10周年を迎えたことを記念しての、“出雲と石見の子どもたちの共演ステージ”も予定しています。

出雲ジュニアフィルちらし

12月19日、その共演ステージに向けて地元の子どもたちの練習会を、出雲芸術アカデミーで指導されている先生方をお招きして行いました。

出雲1

この日初めて顔を合わせた、石見の14名の小中学生の皆さん
初めは緊張の面持ちでしたが、自己紹介をしたり、お互いに教えあったり、先生方のユーモアある指導のおかげで、だんだん表情がほぐれていきます。

出雲2

演奏方法はもちろん、グラントワのある島根県益田市では現在活動する団体がない「オーケストラ」についても、並び方や、どうやって音を合わせるか?など、初めて知ることもたくさんだったようです。

出雲3

みなさん、とても熱心に練習していましたよ。

出雲4

出雲5

子どもたちの真剣なまなざしが、とても印象的な練習会でした。
本番に向けて、まだまだ練習は続きますね。

当日は、今日集まった管楽器の皆さんだけでなく、弦楽器は益田翔陽高校弦楽同好会の皆さん
そして合唱はグラントワ・ユース・コールを中心に、益田市立吉田小学校合唱部、益田市立安田小学校合唱部、益田市立高津小学校合唱部の皆さんも共演ステージに参加し、出雲Jr.フィルの子どもたちとともに音楽を奏でます。

プログラムはウィーン・フィルのニューイヤーコンサートでも演奏される曲など、初春を華やかに彩る曲目です。
また指揮者体験コーナーもあり、聴くだけでなく参加して楽しめるコンサートとなっていますよ。

これからの未来を担う島根の子どもたちの演奏を、ぜひグラントワへ聴きにいらしてください。
お待ちしています!


○公演情報はコチラをご覧ください→<コチラ>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。