スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キッズ邦楽塾」で、地元の小中学生がお箏(こと)と尺八に挑戦しました!

いわみ芸術劇場では、子どもたちに気軽に日本の楽器に触れてもらう機会として「キッズ邦楽塾」を毎年開催しています。

今年は、地元から応募により尺八コース3名、箏コース16名、合計19名の小中学生が参加。
箏は熊谷 雅楽映(くまがい うたひろ)先生、島根邦楽集団のみなさん
尺八は川村 葵山(かわむら きざん)先生を講師にお招きして、8日間、約16時間の練習に励みました。

DSC07429.jpg

DSC08119.jpg

初めて邦楽器に触れるという子が大半を占めるなか、「さくら さくら」を演奏できるようになった子どもたち。

子どもたちに、箏や尺八を演奏した感想を聞いてみました。

「箏は、いろんな手の形があるのとリズムが難しいけど楽しいです。」
「初めて箏を弾いて難しかったけど、ちゃんと練習して一生けんめい弾きたい。」
「尺八を吹くのと、指の動きが難しかった。楽譜の読み方も最初はわからなかったけど先生に教えてもらって少しずつ読めるようになった。」

難しいことに挑戦し、一曲演奏ができるようになった子どもたちに大きな拍手を送りたいですね!

DSC08875.jpg

DSC08877.jpg


今回の「キッズ邦楽塾」での練習の成果は、3月5日(日)にグラントワ大ホールで開催する「島根邦楽集団 第11回定期演奏会」にて発表します。

島根邦楽集団は、流派・年齢・性別を超えて邦楽を愛するみなさんでグラントワを拠点に活動しています。

11回目となる定期演奏会では、島根邦楽集団結成のきっかけとなった旧石西県民会館での邦楽ワークショップで演奏した変奏曲「越天楽今様」を再演する予定です。
またゲストには、尺八四重奏団「破竹」を招くなど、邦楽の魅力溢れる公演となります。

大舞台で一生懸命に演奏する子どもたちの姿にも、ぜひご注目くださいね。

邦楽チラシ


▼公演情報の詳細は、グラントワHPをご覧ください。
http://www.grandtoit.jp/theater/event/2017/03/post-300.html#003831

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。