スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰りバスツアー・レポート

現在開催中の「黒田清輝展」に広島からバスツアーがご来館。

今回の特色は良くある、通り一遍の企画ではなく、主催旅行社とグラントワとの共同企画ということで斬新な内容となりました。また私も車中で解説をしながら同行しましたので、今回はそのレポートをご紹介します。

①広島での中国自動車道。上りは大渋滞でしたが、下りはスイスイ。
005.jpg

六日市インターを降りて、まずは吉賀町にある森英恵生家跡へ。森英恵さんが小学生まで住んだ住居跡(1棟だけ現存していますが)を、いまは地元住民が手入れをする花壇になっています。それから高津川を下っていきます。この川は、いわずと知れた「2年連続水質日本一」の川なのです。

② 
グラントワに到着。右側にグラントワを見ると、歓声が挙がりました。
004.jpg

tour(090808).jpg
石見美術館で企画展を鑑賞後、いわみ芸術劇場大ホールを中心に施設見学。大ホールの一階席から天井を見上げると、折れ壁で構成される開放的空間に皆さん驚かれます。

③昼食は古民家を移築したお店で。
003.jpg
新鮮な海の幸や有機野菜など地元食材に、皆さん大満足。


雪舟庭園のある万福寺では、中世の食プロジェクトチームによる「祝い膳」を味わいました。
002.jpg
かなりボリュームのある昼食を食べた後にもかかわらず、皆さん完食。中世の食開発の苦労話に関心を持ち、添加物をしようしていない点が共感を呼んだのでしょう。

この後、一行は匹見温泉に寄ってから帰途につきました。次回の「石見の仏像展にまた来ます」という言葉を残して-。またお会いできるのを楽しみにしています。

(いわみ芸術劇場館長 Y.A)


*同じツアーが、今月22日(土)と23日(日)にも催行決定しています。
http://www.grandtoit.jp/info/index.html#20090717



コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。