スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石見国分寺の本尊発見!?

7日(月)、石見美術館で記者会見が開かれ、浜田市教委が所蔵する仏像の頭部が、すでに焼失した石見国分寺の本尊だった可能性があることが発表されました。

仏頭

今回学術調査を実施した椋木学芸員の説明によると、木心塑像(もくしんそぞう)は、奈良期に多く使われた技法で、今回発見された仏頭は、国分寺が創建された8世紀の仏像の一部と考えられるとのこと。

仏頭2

千年の祈りーとは、まさにその通りなんですね。
悠久の歴史に思いを馳せることのできる次回の展覧会がますます楽しみです。

(K.Y)


コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。