スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キッズファッションワークショップ&ショー」が始まりました!!①

キッズファッションワークショップが始まりました。
setumei.jpg

今回は平成21年度「文化芸術による創造のまち」支援事業【大学と地域との交流・連携の促進】ということで山口県立大学から講師として水谷由美子氏、ワークショップスタッフとして同大学学生5名、1月からは大阪芸術大学准教授・舞踊家の堀内充氏にも講師としてご指導いただきます。
衣装のテーマとして、ワークショップ開催時の島根県立石見美術館企画展「疾走する日本車」展の時代背景である1960年~70年代のファッションを参考に、ブルーデニム、カラーデニムを使い地元の子ども達小学生から中学生までの13名が、衣装をデザイン、製作します。ワークショップ最終日2010年1月24日(日)13:30からグラントワ大ホールで製作した衣装をまとい、動きをつけて表現するファッションショーを開催します。

2009年12月19日(土)
「1960年代~70年代のファッションについて学習」
DVD、ビデオ等資料を見て、1960~70年代の生活文化やファッションについて学習。
島根県立石見美術館 展示室C「1960年代の美術とデザイン」にて森英恵・草間弥生のドレスや、コートを観賞し、デザインイメージを膨らませます。
kusama_dress.jpg

ishousetumei.jpg
イメージが湧いたところで、いよいよ、衣装をデザイン。
デザインができたら体に合わせて裁断します。

「素材作り」
ブルーデニムをサンドペーパーでこすり、好きなように模様をデザイン

sozaidukuri.jpg

sozai.jpg
生地の下にガムテープをおいて淵をサンドペーパーで擦ると絞りのような
かわいい輪ができます。


(F.S)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。