スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ「神々のすがた」展がスタートしました。

9月16日、この秋注目の企画展「神々のすがた 古事記と近代美術」の内覧会が行われました。

この企画展は、グラントワ開館5周年記念展としても位置づけられているもの。
また、神話のふるさと「島根」推進協議会が行う、「神々の国しまね~古事記1300年~」キャンペーンの記念すべき第一弾として行われるものです。
島根の貴重な歴史や文化に注目が集まる絶好の機会とあって、今からワクワクしてしまいます。

kagura_nairan.gif

内覧会も趣向を凝らし、島根県指定無形民俗文化財である出雲神楽の海潮山王寺神楽さんによる神楽舞が上演されました。
海潮山王寺神楽さんは、10月31日の神楽フェスティバル「須佐之男命の軌跡」にもご出演されます。
まさに、美術館と劇場とで神々の世界をお楽しみいただける、グラントワならではの盛り上がりが期待できそうですね。

kagura_tape.gif

神話の世界をどうぞ存分にお楽しみください。

(K.Y)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。