スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京での石見⑤

つい先日のこと。六本木の国立新美術館では、「新制作展」をやっていました。
tokyo_sinseisaku.jpg

巨大な逆円錐形の上は高級レストラン―ここは値段が高くて行けません。私が以前利用したのは、一回り小さい円錐形の上のカフェです。
tokyo_sinkokuritu.jpg

澄川センター長は毎年出展されていますね。今年出展された作品「ソリのある形2010」は若い人が熱心に見ていました。

ところで、新宿紀伊国屋書店のギャラリーでは、「3人展」と称して舞台美術家の舞台模型展示会をやっていました。「あいと地球と競売人」の舞台装置家・土屋茂昭さんによる劇団四季の「鹿鳴館」舞台装置です。
あれ、衣裳は森英恵さんですね。浅利さん演出の舞台では、ほかにミラノスカラ座「蝶々夫人」や四季ミュージカル「EVITA」などの衣裳を手掛けています。また、いま公演中の新国立劇場オペラ公演「アラベッラ(今月17日まで)」の舞台衣裳も手掛けていらっしゃるようですよ。

(Y.A)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。