スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズ邦楽塾に参加しました!

今日は研修2日目。

午前中は「キッズ邦楽塾」に飛び入り参加し、琴の演奏を体験させていただきました。初めて触れる琴の扱い方に戸惑いながらも、いざスタートです。

kids5.jpg
 
まずは琴の基本的な弾き方から教わりました。

大きな音を出すには、手の形が大切だそうです。私もボールをつかむようなイメージで手の形をつくり、親指を曲げずに弾くことを心がけました。最初は手が滑って上手く音が出ませんでしたが、練習を重ねていくうちに「ピーン」という、身体に響くような音が出るようになりました。

kids4.jpg
 
さて、いよいよ実践編。

琴の楽譜を受け取った瞬間、「なんじゃこりゃ?」と思ってしまいました。琴の音階は漢字で表現されているのですね。この「カノン」という曲は、キッズ邦楽塾のために秋岸寛久先生に作っていただいた曲なのだそうです。

kids6.jpg

講師の先生はホワイトボードを使って、丁寧に分かりやすく楽譜の読み方をレクチャーしてくださいました。なかなか理解が進まない私を横目に、小学生のみんなはすぐに内容を理解して、自主練習に取りかかっていました。すごい!

kids1.jpg
 
この曲は長く、難しい箇所もあるので、分からないところをお母さんに聞きながら取り組む姿が見られました。親子の絆がぐっと深まった瞬間です。

kids3.jpg
 
キッズ邦楽塾は、9月11日(日)の13時から、美術館ロビーにて発表会をおこないます。鑑賞無料ですので、ぜひ息の合った演奏を聴きに来てください。

 (益田市立益田中学校  田村 亘)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今回のブログを執筆していただいたのは、「島根県教職員3年目研修」で
 来館され、研修を受けられた先生です。                 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。