スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水仙がきれい

元旦より冬の日本海側特有の天候(曇天・時々雨か雪)がずっと続いていましたが、8日は今年初めて青空が広がり良い天気になりました。
風は冷たいですが、やはり青空を見ると気持ち良いものです。
冬の益田と言えば水仙が有名!!益田市の花にも指定されています。

DSC00409(light).jpg

益田市の東部:鎌手地区には海岸沿いに約3ヘクタール 球根数約2百万球もの水仙が咲いています。品種は日本水仙。綺麗に整備された遊歩道を歩くと水仙の花の甘い香りが風に乗って届いてきます。今年は少し花が咲くのが早かったのでしょうか?散り始めた花もありました。
この日は家族連れやご夫婦など多くの方が大自然の風景を思い思いに楽しまれていました。

DSC00402(light)_20120111152905.jpg

DSC00399(light).jpg

ここでは国指定天然記念物「唐音(からおと)の蛇岩(じゃがん)」という奇岩を見ることも出来ます。

DSC00404(light).jpg

また、ここ唐音(からおと)は太公望を楽しませる益田でも指折りの海釣りのポイントです。この日は少し波が高かったものの山陰の冬では珍しい釣り日和でした。
この日も丁度、太公望が竿を大きくしならせていました。

DSC00398(light).jpg

そして、冷えた身体を芯から温めてくれる日帰り入浴温泉もすぐ近くにあります。露天風呂もあり、ロケーションも最高の温泉です。

この他にも益田には数々の「自然」という素晴らしさがあります。
一度訪れてみてはいかがでしようか?

参考までに国道9号線から「水仙公園」までの道は離合がやっと出来る程度の道幅です。交通安全でお願いします。

(K.Y)





コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。