スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和装とグラントワ

 現在開催中の石見美術館企画展「福富太郎コレクション 鏑木清方と明治・大正・昭和の美人画」では、日本画62点が展示されていますが、大半が着物姿の女性が描かれた作品です。
また、今回の展覧会では《和装でご来場の方を無料でご招待》しています。

w4.jpg 上村松園《よそほい》明治35年頃


 開幕直後は少なかった着物姿のお客様ですが、会期が進むに連れて徐々に増えて来ました。

w2.jpg

w3.jpg

 着物姿で日本画を鑑賞する光景も中々のものです。
世界各国にはそれぞれ民族衣装がありますが、日本の民俗衣装は「着物」ではないでしょうか。
 しかし、最近は着物を持っている人も減り、持っていても「着方が解らない」等の理由から着る人が少なくなっているように思います。

当企画展が閉幕する6月上旬頃までは気候的にも着物を着るのに適した季節。また、グラントワはご存じのように石州瓦の赤茶色を基調としており、和服姿も似合う建物です。
 本日も山口県岩国市から女性お二人が着物姿でご来館されました。

w1.jpg

 着物を着始めて半年ということですが、中々の着こなし。
この機会に気分転換も兼ねて着物を着てみてはいかがでしょうか!!

着物の着方が解らない方に《耳より情報》です。今回の展覧会に合わせて、市内のある呉服店さんでは無料(事前にお店への問い合わせが必要です)で着付けをしていただけるそうです。
当センターとしても大変有難いお話しです。

(Y.K)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。