スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活弁イベント始動!キャラクター編

先日、坂本頼光さんたちによる現地調査の様子をお知らせした活弁イベント。
今回は新作映像(アニメ)のキャラクターデザインを紹介しちゃいます!

今回作られるアニメは、中世に益田を治めていた豪族、益田氏の当主のうち、肖像画が残っていて重要文化財に指定されている、15代兼堯(かねたか)と20代元祥(もとよし)が主人公です。

雪舟が描いた兼堯さんは、益田市立歴史民俗資料館の顔として、益田のみなさんはよくご存じかと思います。
http://www.iwami.or.jp/sessyu3/3_sakuhin/kanetaka/kanetaka.htm

元祥さんは、桃山時代の画家、狩野松栄(有名な狩野永徳のお父さん)が描いた作品で、グラントワの石見美術館が所蔵しています。カッコイイ騎馬武者像です。
motoyoshi by Shoei

そしてこの肖像画を元に坂本頼光さんが生み出したキャラクターが、こちら!
motoyoshi by Raiko

さすが!よく特徴がとらえられています。元気いっぱいな感じですね!
馬の表情も、なかなか味があります。

そして、兼堯さんと雪舟さんのキャラクターデザインもできていますよ。
kanetakasessyu.jpg

二人がどんな会話を交わすのか、楽しみです。

さて、彼らがどんな活躍をするのか、期待が高まってきました!

アニメの初公開は11月11日、グラントワ大ホールにて。
音楽は全てオリジナル、かつ生演奏。そしてキャラクターの声は全て坂本頼光さんが一人で演じ分けます。
乞うご期待ー!

(K.Y.)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。