スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USPチェンバーオーケストラ アウトリーチ公演

12月7日(金)USPチェンバーオーケストラのメンバーが2グループに分かれ、益田市立吉田南小学校と益田市立小野中学校でアウトリーチ公演を行いました。
今回は小野中学校の様子をお伝えします。


USPチェンバーオーケストラのみなさんが到着し、控え室に入って早速チューニングです。
舞台では正装のみなさんがここではラフな装いで、これもアウトリーチならではの面白さですね。
20121207_1.jpg


会場となる多目的教室(音楽室)に、生徒のみなさんが続々と集まってきました。
みなさんきちんと挨拶してくれてとても清々しい気持ちになり、気分も高まります。


はじめに、岩本校長先生が
「USPチェンバーオーケストラがグラントワで演奏会を開くということで、2ヵ月前からチケットを用意して心待ちにしています。このアウトリーチ公演を機に韓国との交流が深まると嬉しいです。」と、挨拶。
20121207_4.jpg


いよいよUSPチェンバーオーケストラのメンバー10人による演奏会がスタートです。
モーツァルトやサウンドオブミュージックなど計5曲を演奏。1度は耳にしたことがある曲の生演奏に生徒のみなさんも真剣でした。
20121207_5.jpg


その後は通訳の方がスライドを使って、韓国と日本の文化の違いをクイズ形式で紹介してくれました。
正解者には韓国のお菓子をプレゼント!みなさん必死です。
20121207_6.jpg


韓国文化を学んだ後は質疑応答。生徒さんが韓国語で質問する場面もあり、楽器の手入れや韓国のクリスマス、流行っている歌など生徒のみなさんも興味津々でした。
20121207_8.jpg


終わりに生徒会長より
「こんなに近くで生演奏が聞けて感動しました。本番も頑張ってください。ありがとうございました」と挨拶をして、全校生徒みんなでお礼をして今回のアウトリーチ公演は終了しました。
20121207_10.jpg


演奏後生徒のみなさんの顔がキラキラしていたのがとても印象的でした。
生徒さんに話を聞いてみると
「初めて見る楽器の生演奏に興奮しました」「生でオーケストラの演奏が聞けて楽しかったです」と、みなさんとても満足された様子で、USPチェンバーオーケストラのメンバーが帰ろうと外に出ると、走って見送りにくる生徒さんも。
20121207_11.jpg


素敵な演奏を披露してくださったUSPチェンバーオーケストラのみなさん、開催にあたりアウトリーチ公演を受け入れてくださった小野中学校のみなさんありがとうございました。


今回はじめて島根県立大学と連携してアウトリーチ公演を行い、益田市の小中学校と演奏家との交流が深まり、また大学とグラントワのつながりも強まったとても意味のある公演になりました。

その夜のUSPチェンバーオーケストラグラントワ演奏会は約600名のお客様をお迎えして、ホールならではの豊かな響きに包まれたステージでした。

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。