スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ「夕鶴」 指揮者・現田茂夫さん独占インタビュー~①オペラ「夕鶴」の見どころは?~

 2014年2月11日(火)に開催される、オペラ「夕鶴」。
 今回、オペラ「夕鶴」の指揮者・現田茂夫さんに独占インタビューすることができました。その内容を5回に分けて、ご紹介させていただきます。




まず、このオペラならではの見どころを教えていただけますか?

04_light.gif

 この作品は世界中で1,000回近く上演される、日本を代表するオペラです。話の題材は民話に出てくる「つるの恩返し」ですが、木下順二先生の戯曲になることで非常に社会性を持った話になっています。終戦当時(*1)のことですから、資本主義の功罪は何かとか本当の幸福とは何かといったことをいろいろな小説や戯曲で追及しているわけですが、この短編にも同様のテーマが込められています。作品自体は20分もあれば読めるものですが、内容は奥深いものでして、それを一言一句変えずに團先生が曲を付けていらっしゃいます。お話自体は単純ですが、そこに音楽の奥深さが加わっているのです。

 それから、何より日本語で書かれたオペラですので、直接心に伝わってくるものがあるのも特徴です。やはり外国語のオペラだとまず日本語に訳す必要があることから、一旦頭で理解して聴いてしまうところがあるのですが、この作品は日本語ですからそのまま感情移入できるという利点があります。

 また、今回は「つう」をはじめとするすばらしいキャストが揃いましたし、脇を固める皆さんが「これぞドリームチーム!」といった顔ぶれです。なかでも、本公演が行われる益田市では地元(*2)出身者であり、世界の森英恵先生が衣裳を担当してくださるということですから、ぜひ楽しみにしてください!

*1:戯曲「夕鶴」初演は、1949年(昭和24年)10月27日
*2:森英恵さんは、益田市に程近い島根県鹿足郡六日市町(現吉賀町)出身です。




【ほかの記事を読む】
オペラ「夕鶴」の見どころは?
初心者の方へ
作品への思い
指揮者に期待されているものとは?
グラントワの印象




yuduru-1.gif →公演情報はコチラ





コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。