スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ「夕鶴」 指揮者・現田茂夫さん独占インタビュー~⑤グラントワの印象~

 2014年2月11日(火)に開催される、オペラ「夕鶴」。
 今回、オペラ「夕鶴」の指揮者・現田茂夫さんに独占インタビューをさせていただくことができました。その内容を5回に分けて、ご紹介させていただきます。




グラントワでの公演は、2012年2月オペラ「セビリアの理髪師」以来です。グラントワはどんな印象ですか?

05_light.gif

 「ドン・ジョバンニ」(2006年10月)でも行っているので、今回3回目になると思います。グラントワは、何しろ音響がいいし裏の設備もものすごく整っています。そして、我々出演者の居心地が素晴らしくいいですね。別に豪華なものを求めているわけではないんです。我々にとっては音響がいいかどうか、これが一番大事です。グラントワはホールがうまく丸くなっていて使いやすいですね。あと、ホールの方が非常に努力してくださっていつもお客さんがとても喜んでくださいますから、我々も安心して演奏できます。

 まして今回は「夕鶴」という作品です。あのグラントワで、一人でも多くの方に見ていただきたいし、我々キャストもスタッフも含めて新しい投げかけをすることになると思います。日本は今いろいろな意味で曲がり角に来ていますが、こんな時に本当にこのまま進んでいいのかという問いかけです。

 例えば、与ひょう。彼は別にお金が欲しいわけではないんです。単に小判が美しいから集めているだけ。つうは単純に与ひょうに喜んでほしいと思って自分の羽で機を織っています。運ずと惣どは、ごく一般的な人間ですが、ある日「町で売れるぞ」と言って与ひょうをけしかけます。すると、与ひょうは二人に言われるままにそれを町に売りに行き、そして売れたわけです。すると兄貴分が「これなら都に持っていったら千両で売れるぞ」と言い出す。この成り行きは誰しもが持っている、もしかしたら資本主義の典型と言える感情かもしれません。この話には、けして悪人が登場するわけではないんですよ。

 与ひょうの一番の長所は相手の感情がよくわかるところです。それは、人に対しても動物に対してもそう。たまたま田んぼで矢を射られて痛がっていたつるを見つけると「痛かろうなぁ」と言って、矢を抜いてあげます。つるは一度山に帰りますが、やがて恩返しをしたいと思って人間に姿を変え、今度は奥さんとして奉公に来ます。そして、単純に与ひょうを喜ばせたいと思いから機を織り始めます。「人が喜んでくれると自分もうれしい」という、もしかしたら人間の究極の喜びを感じているわけです。ところが、それが段々と「もっと織れ」「あなたが言うんなら織ってあげるわ」というようになっていく―。でも、最後に織ってあげて「もうこれ以上織れないから山に帰るわ」とつうが言ったときでさえ、与ひょうには機を織っていたつうが実はつるだったのではないかという意識はないんですよ。我々常識人が考えると、つうはつるだと見た側は何となくそれらがイコールだろうと感じてしまうんですが、与ひょうにとっては本当に最後の最後までつうとつるは別物なんです。考え出すと、分からないのが普通なのかもしれないとも思うんですよ。オペラをやっているとだんだんその辺が不思議になってきて「もしかしたら与ひょうの視点が正しかったのかもしれない」と思うようになる瞬間があるんです。自由に、どう捉えていただいてもいいと思います。



【ほかの記事を読む】
オペラ「夕鶴」の見どころは?
初心者の方へ
作品への思い
指揮者に期待されているものとは?
グラントワの印象




yuduru-1.gif →公演情報はコチラ






コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。