スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生とコラボ!活弁と生演奏のギャラリートーク

3月9日開催の「名画をいろどる話芸と音楽」、昼の部は受け付け終了しました!
夜の部はまだ余裕がありますので、観覧ご希望の方はお急ぎください。

さて、「活弁と生演奏のギャラリートーク」としては4回目の今回は、地元の小学生のアイデアを取り入れた演目の上演があります。

これまでは活動弁士の坂本頼光さんと、作曲担当をする音楽家が、自分が作品を見た印象によってお話の内容や音楽を考えていたのですが、このたびは台本や作曲に、小学生のヒラメキが盛りこまれます!

去年10月、出演メンバーは益田市立鎌手小学校の4年生たちと、今回の題材のうち、2つの絵をスライドで鑑賞しました。
「対話による鑑賞」とよばれる手法で、作品の題名や作者名などを伏せたまま、絵だけをよく観察し、何が描かれているのか、絵の中で何がおきているのかを想像し、みんなで意見を交換していきました。

kamate1.jpg
フロックコート姿の坂本さんと一緒に、真剣に絵を見る小学生たち。

この鑑賞法に「正解」はありません。自分が想像したことを発表し、そこで出た意見からさらに新しいことを思いついた人が手を上げて発表し・・・というように、一人で見るときと違って、発想がどんどん膨らんでいきます。

「なるほどね~」とか、「え?わたしにはそう見えないよ!」といったやりとりをしながら、面白い意見が次々と出ました。

kamate2.jpg
発表の後は、ワークシートに、自分の言葉で絵について思ったことを書いていきます。
普段はステージやテレビで大活躍の音楽家や弁士のお兄さんたちが、小学生と机を並べている姿がほほえましかったです。

さて、ここでどんな意見が出て、どんな物語や音楽になったのかは、当日のお楽しみ!
気になる人はぜひ3月9日、グラントワで確かめてください。

ちなみに「対話による鑑賞」を体験してみたい人は、3月2日、16日、23日(いずれも日曜)の午後2時から、美術館で開催される「みるみると見てみる?」という会にぜひ参加してください。「みるみるの会」のメンバーの進行で、その場にいる人たちと対話をしながら作品を見ることができますよ。

(K.Y.)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。