スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアムコンサート「なつかしの風景を奏でる」

大下藤次郎展も、あと1週間となりました。まだご覧になっていない方、どうぞお早めに!

さて、去る11月9日、「なつかしの風景を奏でる」と題 したコンサートを開催しました。
広島を中心に活躍中のバンド、「こゆみこ」のメンバーによる癒し の音楽。
藤次郎さんの水彩画にちなんで、美しい自然をテーマとしたオリジ ナル曲や、「夏の思い出」「もみじ」「小さい秋みつけた」などの懐かしい曲を演奏いただきました。
こゆみこ

「夏の思い出」は、みなさんご存知の、尾瀬の風景をうたったも の。大下藤次郎さんが、尾瀬沼を全国にしらしめた人だったという事績にちなんで、リクエストしました。尾瀬沼の絵は、展覧会の最後の方に展示しています。今は観光地として有名な尾瀬も、明治4 0年頃までは、ほとんど人が足を踏み入れることのない、辺境の地でした。そこに分け入り、美しい風景を絵と紀行文とで紹介したのが我らが大下藤次郎!というわけで、今も尾瀬には、藤次郎さんを顕彰する記念碑が立っています。
尾瀬沼の雨

ちょっと話がそれましたね、コンサートのことに戻しましょう。
「こゆみこ」のリーダー、折重由美子さんが演奏している楽器、ク ラビオーラは、鍵盤ハーモニカに似た楽器ですが、とても柔らかく優しい音色です。藤次郎さんの水彩画の雰囲気にぴったりだと思い、ピアニストでもある折重さんに「今回はぜひクラビオーラで!」とお願いしたのでした。なんと日本に2台しかない楽器!だそうで、貴重な音をきかせていただきました。
クラビオーラ

夕方、美術館の前室に集まっていただいたみなさんは、ゆったりとした気分で音楽をお楽しみいただけたようです。秋の夜の、心地よいひとときでした。
この場所でコンサートを開いたのははじめてのことでしたが、独特の雰囲気の中、作品の近くで音楽をきくことのできる、なかなか贅沢な空間だと思います。
今後も機会があれば、ここでコンサートをやってみたいと思います。

「こゆみこ」のみなさん、ステキな演奏をありがとうございました!
(K・Y)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。