スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッズブラス塾成果発表会

12月13日から8回にわたり開催してきました「キッズブラス塾」の成果発表会を2月15日(日)に大ホールにおいて開催しました。

この日は角田健一氏、岡崎耕二氏両名に来館いただき、朝から大ホール舞台において音響反射板を使用しての最終練習です。何とも贅沢です。
ブラス1

岡崎氏はスケジュールの関係で日帰り。角田氏は9時40分からの指導ということで7時30分には会館入りでした。
講師の方も気合いが入っています。

この日はみんな私服で来館。
これは角田氏の発案です。「みんな違っていい」「もっと自由に」という発想からですが、見た目にも開放感があり、子ども達もいきいきしているように見えて「やってくれそうだなあ!!」といった予感がしました。
ブラス2

どうもワークショップの司会は全て職員が行うという昔からの風習がこの職場にあるようで、私も生まれて初めて素面で司会を担当しました。(ダメですね~!!後でDVDを見たら「え~、え~」の連発で↓↓。しかも次の言葉が出て来ません↓↓↓↓。!来場者の皆様、本当にお見苦しいところをお見せ致しました。この場をお借りしてお詫び申し上げます。)

しかし、演奏はというと素晴しい。
一部は指導者の演奏。角田氏と岡崎氏の共演は滅多に見ることが出来ません。
ワークショップならではの光景です。両名に〝ポニョ〟を演奏させるキッズブラス塾は〝何でもあり??〟の様相を呈していました。本当に失礼しました。
またまたこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

そしていよいよ第二部の始まりです。
「星条旗よ永遠なれ」「A列車で行こう」「早春賦」と演奏は進みます。私が聴いていても「今までとは違う。最高の演奏だ!!」と思うくらいの出来。
ブラス3

そしていよいよ「早春賦ジャズバージョン」。
演奏前に角田氏から「事務連絡をします。今まで色々と細かい指示を出しましたが全て忘れて下さい。自由に演奏して下さい。」の一言で遂にキッズブラス塾は一皮剥けてしまいました。
何て表現したらいいのでしょうか? 演奏がどんどん前へ前へ進んでいくような感じがしてすごく躍動感があるんです。
ブラス4

客席のお客様の手拍子・足拍子も後押ししていただき、まさに一体感が生まれました。
そして想定外のアンコール!! 「早春賦ジャズバージョン」をまたまた演奏。
手前味噌ながらノリが良くて何度聴いてもいい曲です。
ブラス5

次回の演奏は3月22日(日)にグラントワで開催される「グラントワスプリングジャズフェスタ」です。"しまねスウィングキッズ〟として出演します。
第三期目の"しまねスウィングキッズ〟です。
そしてこの出演を最後に〝第三期目しまねスウィングキッズ〟は解団します。寂し過ぎます。

(K.Y)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。