スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者発表

 今月17日(金)からはじまる「中尾彰―津和野・東京・蓼科―展」と「近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展」の開催について、ならびに「益田市と石見美術館との連携による小中学生石見美術館入館無料化事業」への取り組みについて、記者発表が行われました。

記者発表

中尾展は、パステル調の叙情的な作風が印象的な津和野町出身の中尾彰初の回顧展であること、また石見美術館を拠点にふるさと津和野町随所の関連スポットでも中尾作品を見ることができることなど、その特徴が説明されました。

7月18日(土)からはじまる黒田展は今年度一番力を入れている展覧会とのこと。
教科書でもおなじみの「湖畔」をはじめ、重要文化財でもある「智・感・情」など150点が展示されるとか。

「小中学生石見美術館入館無料化事業」は、益田市が益田市内の小中学校の在校生徒に対して特別鑑賞券(年間パスポート)を発行するもの。これは全国的にも珍しい取り組みだそうです。

 今年度もニュースが盛りだくさんの、島根県立石見美術館。
 皆さまのご来場をお待ちしています!

(K・Y)

コメント

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。